FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.18 (Tue)

あけましておめでとうございます

遅いですよね…。
と言うか2ヶ月ぶりの日記。

女の子の友達ができて、年末はずっと遊んでた気がする。
年齢は上だけど、波長があうみたい。
仮にMちゃんにしますね。
会話はほとんど向こうが中心だけど、一緒にいると楽しい。

クリスマスも2人で過ごしたんですよ。
Mちゃんの家の近くにお寿司屋さんがあって、そこで2人でメリークリスマス。
お客さんは少なかったけど、私達の他は当然カップルばかりでした。
Mちゃんなんて、酔い過ぎて他のカップルに絡みに行こうとするから止めるのに苦労しました。

お正月は2年ぶりに実家で過ごしてゆっくりしたな。
うちの親はあまり私に関心がないから、2年ぶりに会っても「おう」ってだけ。

N君とはクリスマスも、お正月も連絡した。
だから寂しさも感じなかったし、浮気もほとんどしてないな。
ヤリマンの日記になりませんね。

それに実は1月5日の夜に、N君が日本に帰って来てくれたんです。
待ちに待った日。
飛行機の時間を知っていたから、関空まで迎えに行って。
N君の姿を見たとたんに、また泣いちゃいました。
自分でも何の涙か分からないけど、泣いてる私にキスするから息が苦しかった。
関空発のバスの中で始めてしまいそうなぐらい、2人とも興奮してた。

勿論、部屋に入って荷物も片付けないで始めました。
久しぶりのエッチだったから、1回目におチンチン入ったまま2回もイっちゃった。
バスの中で触って来るから、濡れたままなので直ぐに入ったよ。
たて続けにリビングで2回、お風呂に入ってる時も1回、ベットで腕枕されて寝ようとしてる時に1回。
結局朝になっちゃった。

出会い系より会える無料SNSは人気があります。
00:05  |  no category  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2010.11.25 (Thu)

女子会に誘われました

私って本当に友達がいないんです。
でも初めて女子会に誘って貰えました。
いつも行ってるバーで話掛けてくれた女の人に気に入られちゃって。
29歳の人で1人で飲みに来てました。
カウンターで隣になって、何かと話掛けてくるんですね。
初めは、「仕事は何しているの?」って程度の質問でした。
私も飲むペースを乱されて酔ってきたのもあるけど、もっと深い質問までしてくるんです。

「彼氏はいるの?」「今までの経験人数は?」みたいな事ね。

正直に答えちゃったから、その人びっくりしてました。
それが逆に気に入られたのかな。

女の子同士だから、そこまで話が発展しちゃうと止まりません。
オナニーの話とか、イジメられたら感じる話までしちゃった。
その人はSみたいで、年下の男の子を言葉で責めるのが一番感じるみたい。

こんな話を人とした事が無かったから、いつもあまり喋らないのについついペラペラと5時間も話し込んじゃった。
お店の外に出た時に、「帰したくないー!」ってその人に抱きつかれて離してくれませんでした。
なぜか新鮮で楽しかった。  出逢い  はいっぱいあるんだけどね。
10:45  |  no category  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2010.10.23 (Sat)

成長ぶりにちょっと戸惑いました

おはようございます。
剃った毛が中途半端に伸びて変な感じなんですよ。
昨日はお休み前なので夜の予定に、朝からゆうさんに連絡したけど返事がありませんでした。
そしたら、久しぶりに高校生君からメールです。
「晩ご飯ご馳走するよ」って内容でした。
高校生にご馳走になるなんて出来ません、でも会う約束はしました。

理由を聞くとパチンコで10万も勝ったって、高校生なのにパチンコなんて悪い子です。
それでも高校生にご馳走になれませんから私が支払いましたよ。
その後にお店を出た後、彼が何て言ったと思います?
「じゃあホテル代は俺が出すよ」ですよ。
これぐらいの歳の男の子って体も心も成長早いのかな、あのモジモジしてた男の子の言葉とは思えませんでした。

彼の童貞を奪って、彼女がいるのに1度エッチした事があります。
でも昨日は本当に食事だけのつもりで来たので、その私と会ったらエッチするのが当たり前みたいな言葉にビックリしました。
そんなつもりも無かったのに、お酒と次の日が休みって開放感で私の口から出た言葉は、「したいの?」でした。

ホテルの入り方は私が教えてあげたんですよ。
それが数ヶ月で、「どの部屋でもいいやろ?」ってなんか偉そうで嫌な感じです。

部屋に入って後ろから抱きしめられた時は、今までとは違う男を感じてしまったんです。
背の高さがN君と同じぐらいだから、後ろから抱きしめられた腕の位置が私の肩の位置。
ちょっとN君を思い出しました。
後ろから顔だけを覗かせてキス、片手は胸を優しく触って何だか女の扱いが慣れてきている感じがしました。
キスしながら、長い腕で私のタイツとパンツは一緒に脱がされています。
彼の大きな手が私のアソコを探っています。
すると直ぐに手が止まって、キスも終わり、彼はスカートを捲って私のアソコを見て「剃ったの?」
短すぎるアソコの毛にビックリしています。
「うん。剃られたの。」
「へぇ。そんなプレイもするんや。」
私は言い訳をしたかったけど、出会い系で会った人に剃られたなんて言えませんでした。

立ったままのアソコを両手で開いて、「アソコの周りの毛はもっと短いんや。」
そうなんです。オナニーをした時に気付いたのですが、アソコの周りの毛と前の毛の生える速さに違いがあるんです。

ベットの上で脚を抱えた姿で、アソコを開いたり閉じたりして遊ばれてます。
クチュクチュした音が聞こえてくると「まだちゃんと触ってへんのに、めっちゃ開いてきたで。やっぱり変態やな。」って、こんな事を言う子じゃ無かったのですよ。
こんな私が欲しい言葉を言う子じゃ無かったのに。

このスイッチが入っちゃったら、自分でも止められません。
辱められる事を求め続けて、興奮は最高潮になってしまいます。
「変態。」「汚れた女。」「淫乱。」「メス豚。」そんな感じで言って貰いながら突かれていました。
逝った後、ベットで体が痙攣したまま「あれ。この子、早漏治ったのかな。」って思っていました。
高校生君もやっと使える男になってきたかも知れませんね。
12:59  |  no category  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。