FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.08 (Mon)

可愛い高校生

朝の電車でよく見かける高校生なのですが、クラブ活動のユニホームでも入っているのでしょう白いスポーツバッグをいつも肩からさげています。

背が高く細身でスッキリした顔立ち、可愛いですね。

よく目が合うんです。

今日も同じ車両、扉が開いた瞬間に目が合いました。
人に押されるように彼の前へ後ろ向きに立ちました。

電車が駅へ停まるたびにいつもの様にラッシュは飽和状態、彼との密着。
彼の息が私の頭に感じられるぐらいにです。
最初は彼のスポーツバッグが私たちの完全な密着を邪魔していたのですが。

ガタッと電車が大きく揺れた後、邪魔していた物が無くなりました。
私の背中からお尻に彼の暖かさを感じ、彼の股間が今日もパンツの履いていない私のお尻の上に乗る位置にありました。
私は悪戯心が生まれて、お尻を左右に動かしたり後ろに突き出したりしました。
すると彼の股間が段々ハッキリと感じだしたのです。彼のものは硬くなっています。

最初は恥ずかしいのか腰を引いていたのですが、私が更にお尻を突き出して密着させると今度は彼の方から押し付けてきだしたのです。
そのうち、少し腰を落とし彼のものが私のお尻の割れ目に挟まる程に移動して、彼の荒くなってきた息を首筋に感じています。


ここで駅に到着、終点となるここで人波は私と彼を連れてホームへ流れました。
後ろを振り返ると彼は見えませんでした。

私はトイレに駆け込みました。
濡れて垂れていたものが太股までつたっていたんです。

勿論、便器に座りオナニーしてから出社しました。
13:03  |  no category  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jksiosjniws.blog118.fc2.com/tb.php/4-9e0aab2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。